冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

キーワード「社員が活躍できる組織」を含む記事

 不況ほど、希望退職を募ろうとします。そして、不況ほど優秀な人材が希望退職に応じます。これは、決して机上の空論で申し上げているのではなく、私の顧客先・身の回りで起きている事実です。希望退職という行為は、多くの場合、あくまで人件費を下げるための施策であって、必要がないと考えている人材に退出いただく施策にはなりにくいのです。  では、優秀な人材に残ってもらうために、給与を高くすれば残るかといえば、これ...続きを見る

 私のクライアント先や知り合いの社長でも色々なタイプがあります。見るからに自信満々な方・虚勢をはってるのがわかりやすい方・何もかもパーフェクトにこなし、スキがない方・何を考えているか分からない方・裏表がない方・おっちょこちょいな方。。。。  この中で、部下が一番話しやすいとかんじる社長はどのタイプでしょう?もちろん、人それぞれだと思いますが、一般的には、裏表がなかったり、おっちょこちょいな方という...続きを見る

 お客さま先で、課長クラスの方とお酒を飲んでいると、部下に対する接し方や部下に対するグチになることが多いです。 どう若い子たちと接すればいいんだろうか? 冨山くんがボクの部下だったらどうされたいものだ? 話しは黙って聞かないといけないのだろうか? 下手に叱ると辞めちゃうんだよね もっとタフになってもらわなきゃ困る 個人的な意見でいつもお話しするのは、だいたい下記の通りです。 「○○さ...続きを見る

 久々に弊社のお客さまの中で起きていることについて書きたいと思います。いま、とある中小企業のIT経営推進支援をしています。今後の会社の方向性、社員の特性などをお聞きしながら、適切なIT軸を作っていくのですが、このプロセスにおいて、社長のジレンマがあります。 できるだけ、社員に任せて、育ってもらいたい。でも、どうしても、口出ししてしまう。その方が早い。  この会社は、非常に社風の良い会社である一方、...続きを見る

 業務を進めるに当たって、ルールというのは大切です。ですが、意味を理解していないルールを守ることほど苦痛なものはありません。ITコンサルティングの世界でもよくあることですが、「こういう情報システムを導入したので、こういうルールで仕事をしてください。」と社員に押しつけてしまうのです。確かに、そのほうが提供側は楽なのですが、ユーザの視点で考えると、意味もわからないものを押しつけられても、納得感がないだ...続きを見る

 ある大手IT企業の支社長とお話をしたときに、こんな会話をしました(仮に山田さんとします)。 山田さん:「私が営業マンをやっているとき、社員の名刺は、企業名が真ん中にあったのです。普通は、右上とか、端にあって、名前が真ん中でしょう?最初はあれ?って思いました。」 冨山:「名前が手で隠れてしまいますよね。名前を覚えてほしい営業マンにとっては致命的ですね…」 山田さん:「社長の狙いは、そこ...続きを見る

 お客さまに聞かれる質問のベスト3に入ります。先日、お伺いしたお客さまにもこの質問を頂戴いたしました。  私は、建前を申し上げるのが苦手なので、率直に申し上げていますが、この会社さんも非常に良い会社だと感じています。一口に良い会社といっても、なかなか答えづらいですが、不況などの環境の変化にも強く、成長力・競争力のある会社さんは、「会社に入ってきた人に、気持ちよく接する」ことが自然とできていると思い...続きを見る

 テレワーク・在宅ワークを導入したいと思う背景にはどういったものが多いでしょうか?一般的には、通勤コスト削減、オフィスの省スペース化、子供がいる社員の雇用環境拡大などが挙げられます。一方、立ちはだかる壁は、コミュニケーションがとりにくくなる・セキュリティが確保できるか?などがあるでしょう。  これから、少子高齢化が進めば進むほど、労働力を海外、主婦になっている女性、高齢者に求めるようになってきます...続きを見る

 コミュニケーションをよくするため、ディスカッションをする場を設けても、なかなか会話になっていかないというご相談があります。どうしても、司会者(コーディネータ)VSメンバー一人ひとりの言葉のキャッチボールで終わってしまうそうです。なかなかディスカッションになっていかない。  小さいことと捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、社員同士の会話というのは、企業において業績に大きく影響を与える要因といっ...続きを見る

 毎年行われる日本生産性本部の2009年度新入社員意識調査において、おどろくような結果がでたそうです。「良心に反する手段でも指示通りの仕事をするか?」という質問に対して、4割強の人が「したがう」と回答しました。これには、どういう背景があるのでしょうか?おそらく下記のようなものがあると考えています。 変に主張して不況の中で辞めさせられたくない 自分の考えをいってはならないのがサラリーマンだと思って...続きを見る