冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

キーワード「社員が活躍できる組織」を含む記事

 最近、新型うつの特集が組まれることが多いように思います。私の勝手な解釈では、「責任の所在が自分にあることに著しい恐怖を感じ、アレルギー的に回避したいと思う病」だと思っています。実際のところ、こういう人は昔からたくさんいたのではないかと思います。昔は会社を辞めるということが一般的ではなかったし、一時的に責任が重くて辞めたいと感じたとしても、お互いに話をする時間があるから、なんとなく持ち直せる機会も...続きを見る

 「その数字は、ほんとに正確なの?」  これは、ES調査やCS調査の結果を報告する際に、よくいただくご質問です。たとえば、下記の2つの例をご覧ください。 日本の30歳男性全員の身長の平均値 日本の30歳男性全員の年収の平均値 同じ平均値でも1は結果に対する納得感が高いと思いますが、2は結果に対して納得する方と納得出来ない方がおられると思います。いろいろな理由があると思いますが、私は下記のように...続きを見る

組織風土を変える、企業風土を変える、○○な企業風土の醸成。。。このような言葉は、企業規模にかかわらず、多くの企業の中期経営計画に書かれています。そもそも組織の風土を変えるとはどういうことなのか?「事実に基づく経営・組織運営」にすることだと考えています。この件は、2011年2月24日付のブログで、書いておりますが、今回は、組織外の影響力も踏まえながら、書き加えたいと思います。 そこで。組織の風土を変...続きを見る

「社員に働きがいを感じてほしい」そういうふうにおっしゃる経営者・管理職の方は多くおられますし、出版物もたくさん出ております。しかしながら、一人ひとりが何に働きがいを感じるかはまさに千差万別人それぞれです。私がいままで耳にしたことがある「働きがいを感じる」というものは、たとえば 自分の仕事の成果を誰かが褒めてくれたとき 成約せずとも、お客さまのために考えたプロセスをきちんと評価してくれたとき 自分...続きを見る

 私はよく、「キミと話しているとつい本音を言ってしまう」と言われることがあります。先日も私の尊敬する後輩からそれを言われて気分がいいので(笑)、ボクなりに気をかけていることを書こうと思います。とはいえ、これといってテクニックがあるわけではありません。むしろ逆です。テクニックで人との接し方を考えるから、人は本音を話しにくくなるものだと思っています。気をかけることは2つあります。まず一つ目。 とことん...続きを見る

 先日、JR時代の同僚何人かと集まったときに、東日本大震災が発生した3月11日の新宿駅シャッター閉鎖事件について少し話題になりました。その他でもJR社員とはこの話題をすることもありますが、まぁ、いろいろな意見がありました。「公共施設である以上、異常時は誠意をもって対応すべきだった」という意見から「現場の人が大変だろうから、締切るのはいいんじゃない?」という意見まで。具体的にどんな意見があったかとい...続きを見る

 いわゆる管理側と現場側の意見や見方の違いは、企業経営上、企業の規模に依らずつきものです。見解の違いが活用されていれば意味があるのですが、タダのグチの言い合いで終わっている場合もあります。「いいよなぁ、社長(支店長・部長)は好きなときに働いて、好きなときに帰ってるんだからさ。」「現場のヤツらは、拘束時間が長すぎるって文句ばかり。」このような状態は、まさに、管理側も現場側も 自分は頑張っているのに、...続きを見る

 この時期は、新入社員の飛び込み名刺交換によく出くわします。オフィスにいれば訪問がありますし、この時期には必ず2回はいくビックサイトでも待ち受けて名刺交換があります。そのときの大勢を占める文言は、 「○○社の△△と申します。新入社員研修の一環で名刺交換をお願いしていますが、よろしいでしょうか?」  8割がこのパターンです。なんで、私があなたの新入社員研修の材料にならなきゃいかんのだ?という気持ちで...続きを見る

「うちの社員は、会社の方針をよく理解して行動してくれているから、お客さんの満足度も高い。」  これは、とある社長が自分の主観で話したことです。社長がどういう思いでこういうふうに話したかはわかりませんが、少なくともこの社長は自分の会社について高い評価をしているようです。果たして、これは「組織の現状を正しく」測っているのでしょうか?次に社員に聴いてみます。すると、 「うちの社長は、現場の声をまったく...続きを見る

 昨日、私の前職であるスコラ・コンサルト時代の同僚と飲みに行ってきました。そのときにフッと思い出したのですが、入社してしばらく、お客さんに問われて一言で答えられなかったのは「組織風土変革とはなにか?」という質問です。コミュニケーション活性化「だけ」と思っている人は非常に多いようですが、これは誤りです。活性化させるのは風土変革の一手段であって目的ではありません。もちろん、会社によっては、風土変革とし...続きを見る