冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

キーワード「経営コンセプト」を含む記事

 いまやそれなりに大きい企業では当たり前のように言われている「グローバル化」。グローバル化といっても、色々な観点がありますが、今回は人材・コミュニケーションのグローバル化に観点を当てて書きたいと思います。グローバル化というと、「英語を話せることが第一!」と思っている人が大半ですが果たしてそうでしょうか? たしかに同じ言語でコミュニケーションが取れることは重要ですし、楽しく安心感があります。ただ、多...続きを見る

最近は、大阪で仕事をさせていただく機会が多く、先日は少し日程に余裕があったので、家族を連れて旅行も兼ねることにしました。最近は、大阪のレジャースポットというと、USJのハリーポッターがブームになっていて、ビジネスモデル的にも大いに引かれるものはあったのですが、私の子どもは4歳と2歳。もっと小さい子供が楽しめそうなところはないかと探してみたところ。。。 生駒山上遊園地というのがありました。 → 公式...続きを見る

組織風土を変える、企業風土を変える、○○な企業風土の醸成。。。このような言葉は、企業規模にかかわらず、多くの企業の中期経営計画に書かれています。そもそも組織の風土を変えるとはどういうことなのか?「事実に基づく経営・組織運営」にすることだと考えています。この件は、2011年2月24日付のブログで、書いておりますが、今回は、組織外の影響力も踏まえながら、書き加えたいと思います。 そこで。組織の風土を変...続きを見る

 とある零細企業の経営再建で書いた記事の続きです。こちらで書いた7つの改革ポイントのうちの一つ目、店舗のコンセプトを明確にすることについて書きたいと思います。  コンセプトとは、その会社の「軸」のようなものです。それにしたがって、事業展開し、事業を深めていく。大企業だと下記のようなものがコンセプトで挙げられます。 和民:居食屋 ~ 豊かで楽しいもうひとつの家庭の食卓 吉野家:うまい やすい はや...続きを見る

 東京下町のとあるエリアに私が大好きな惣菜屋さんがあります。メンチカツとコロッケがかなり有名な店(取材されるくらい)なのですが、実は、鶏の唐揚げもおいしいのです。先日、半年ぶりくらいにワクワクしながら訪問したのですが、残念なことがありました。 明らかに味が変わっている  味が変わっている、私にとってみれば味が落ちているのです。従来のファンであれば、その変化に気づくはずです。どちらかというと、どの商...続きを見る

 カットするとき、普段は家の近くの美容室に行っているのですが、今回はなんとなく顔剃りもしてもらいたい気分だったので理容室に行くことにしました。とはいえ、いままで一度しか行ったことがない上に、前に行ったところでは幼稚園生みたいな髪型にされたので、新しいところをネットで探しました。そして、なかなか魅力的なコンセプトを書いているウェブサイトを発見しました。 心地良い環境の中でカットをする 髪型おまかせ...続きを見る

 昨日、私の前職であるスコラ・コンサルト時代の同僚と飲みに行ってきました。そのときにフッと思い出したのですが、入社してしばらく、お客さんに問われて一言で答えられなかったのは「組織風土変革とはなにか?」という質問です。コミュニケーション活性化「だけ」と思っている人は非常に多いようですが、これは誤りです。活性化させるのは風土変革の一手段であって目的ではありません。もちろん、会社によっては、風土変革とし...続きを見る

 土曜日から日曜日までハウステンボスに行ってきました。前の会社にいたときは、結構出張が多くマイルが溜まっていたので、期限切れ直前のものを使い切る意味でも旅行を検討していました。ただ、0歳児の息子がいると行く場所は結構限られます。できるだけ移動は避けたいので、リゾートかテーマパークがいいかなと思っていたので、ハウステンボスを選びました。  ハウステンボスといえば、ご存知のとおり、平成15年に会社更生...続きを見る

 今日、ローソンが店内で調理したできたてのお弁当を300円台で提供するサービスを全国展開すると発表いたしました。コンビニ弁当やおにぎりの売上が落ち込む中、コンビニ弁当に抵抗をもっている客層を取り込むための施策だそうです。これは、おそらく以前の「新鮮組」というコンビニでおこなっていたビジネスモデルを踏襲したものでしょう。それもそのはず。新鮮組は、いまやローソンブランドを展開するフランチャイジー企業で...続きを見る

 この会社をどういう方向を目指すのか?(経営方針)、この事業は、何を目指し、何を大切にして発展させていくのか?(事業軸)、この商品は、一言でいうと何をお客さまに理解していただき、買っていただくのか?(コンセプト)これらは、それぞれ経営・事業・販売の軸となるもので、非常に大切な考えです。もし、経営者が事業をすすめるにあたってこれらをもっていないとするのであれば、まず定めるところから考えなくてはならな...続きを見る