冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

冨山陽平のブログにようこそ!

今の私は、まもなく8年になるコンサルタントという立場と3年半になる従業員4名の小規模企業(父が創業した宅配弁当店)の経営者という立場があります。コンサルタントというと、「ある分野での専門家」「問題解決をサポートしてくれる」「違う視点を入れてくれる」などという好意的な意見がある一方、「話と書類作りだけはうまいから騙される」「結果に対して責任を取らない」「数字だけで語ろうとする」という嫌悪感のある意見...続きを見る

私もそろそろ36になりますが、20代の自分を振り返ってみると、「恥ずかしいなぁ。。。」「あのときは、ホント失礼をした。。。」と思うようなことがたくさんあります。頭を下げても下げきれないようなこともしました。そのときにお世話になった方々とたまに食事をすると、「丸くなったなぁ」と言われます。ただ、そういうことを後悔しているかというと一切後悔はしていません。そういう後悔やら叱られた経験が今ものすごく活き...続きを見る

仕事をしてれば、色々なストレスがあります。私は、自分で経営している立場ですが、そんな話をサラリーマンの知人にすると、「いいなぁ、上司のストレスがなくて」とか「自分で仕事のスタイル決められていいねぇ」なんていわれます。たしかに、そういうストレスはないかもしれませんが、まったく異なるストレスを抱えています。いずれにせよ、仕事においてどんな立場であれ、よほどタフな人でもない限り、精神的に参ってしまった経...続きを見る

最近は、大阪で仕事をさせていただく機会が多く、先日は少し日程に余裕があったので、家族を連れて旅行も兼ねることにしました。最近は、大阪のレジャースポットというと、USJのハリーポッターがブームになっていて、ビジネスモデル的にも大いに引かれるものはあったのですが、私の子どもは4歳と2歳。もっと小さい子供が楽しめそうなところはないかと探してみたところ。。。 生駒山上遊園地というのがありました。 → 公式...続きを見る

iPhoneやiPadをロックするためのパスワードを4桁のままにしている人、周りにどれくらいいますか?生活や仕事の様々な場面でスマートフォンを利用している人を頻繁にみかける時代になりましたが、Androidの人はパターンロック(自分が記憶した図柄をなぞるタイプ)が圧倒的に多く、しかも、このパターンロック、結構破るのが大変らしく、意外に効果が高いようです。 一方、iPhoneは複雑な英数字のパターン...続きを見る

 冨山家では、子ども(4歳・1歳)と風呂にはいるときに仕上げ磨きをしてあげるわけですが、普通の子供用歯ブラシだと奥歯の周辺が上手に磨けている気がしない上に、力が入ってしまって、いい歯ブラシがないかと探していたところ。。。 Panasonic 音波振動ハブラシ ポケットドルツ キッズ(仕上げみがき用) ディズニーモデル イエロー EW-DS32-YWD 新品価格¥1,850から(2014/...続きを見る

 当社では、フレッツ光ネクストを利用しており、プロバイダはbiglobeを利用していました。しかし、当社の環境では夜間帯に速度(約10Mbps)が落ちることが多いので、プロバイダの変更を検討していました。  一般に知られているプロバイダよりは法人に強いプロバイダのほうが安定性は高いので、biglobeと同じくIPoEに対応しているIIJに切り替えることにしました。  通常よくある方法ですが、2月末...続きを見る

 WordPressの問い合わせフォームのプラグインといえば、ContactForm7という方も多いと思います。私も以前は利用しておりましたが、最近はTrust Formというプラグインを使うことが多いです。簡単なフォームで良い場合は、JetPackの問い合わせフォームを使う場合もありますが。  ただ、このプラグイン若干困っていたことがありました。それは、フォームを表示しているページのthe_co...続きを見る

 送信しているメールの送信元が詐称されたものではないと示す技術として、送信ドメイン認証技術というものがあります。その中でももっとも普及している方法がSPFというものです。SPFの設定は一部のレンタルサーバでは自動的に設定されているほど普及しているものなのですが、最近は適切に設定しているにもかかわらず、認証に失敗する現象が生じています。  もちろん、失敗の原因で一番多いのは、適切に設定していると思い...続きを見る

 2014年2月には創業丸5年になります。たくさんのお客さまに仕事をさせていただけたおかげです。昨年末に少し振り返ってみると、 プラクティカル(実用的)な面を鍛えすぎて、アカデミック(学術的)な面をやや蔑ろにしてきた という実感です。仕事につながる新しい学問なり、不勉強な分野なりへの時間が十分に割けていなかったと感じています。  自分の嗜好として、学問の実践的な部分(表面)だけを掬って利用するとい...続きを見る