冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

冨山陽平のブログにようこそ!

 今日は午後からだるかったので、念のため夕方病院に行ってきました。風邪っぽいから念のためインフルエンザの検査をという話をしたら、まず、体温測定と症状を紙に記入しました。その後診察になりましたが、びっくりしたのが、あまり検査をしたがらないのです。「やりたいですか?検査して陽性になったら、面倒だよ。」といわれました。この時点でどうかと思いましたが、おそらく、検査をして陽性だと面倒なのでしょう。「先生が...続きを見る

 今日(5月19日)のガイアの夜明けで、最新の極薄プラズマディスプレイ開発の軌跡として、篠田プラズマ株式会社製造現場における新しい雇用創出の考え方として日本マニュファクチャリングサービス株式会社が取り上げられていました。いつも、プロフェッショナルではなく、こちらを見ますが、毎回、発想の転換のすごさに感激します。  今回は、いろいろと印象深かったのですが、特に前者社長の篠田傳さんが若いうちはどんどん...続きを見る

 新型インフルエンザがメキシコに端を発してまもなく一ヶ月になろうとしています。いまは、日本でも神戸・大阪を中心に一気に増え始めていますが、お読みいただいている皆さまは大丈夫ですか?私はいまのところ大丈夫ですが、東京とはいえ、なんだかんだ気をつかっています。満員電車は避けて、出社(かなり早く)・退社(すいている電車を選んで)をするようにしています。一部の会社では、社員が感染して、同職場の社員には出社...続きを見る

 比較的よく見ていただいていて、評判のよかったタイトルだったので、違う視点から書きたいと思います。前回は、ITコンサルタントの姿勢について書かせていただきました。今回は、ITコンサルタントの種類について書かせていただきたいと思います。種類といっても、何か一意に定まった定義があるわけではありません。ここでは、「ITに関わる諸問題について、解決する役割を担う者」くらいにしておきます。その上で、私は、以...続きを見る

 どのように、情報漏洩を防ぐか?これは顧客との信頼関係において、避けては通れない「問い」です。ここをおろそかにしている企業で、倒産した企業も少なくありません。そのような中、当然ちまたには、様々なセキュリティシステムがあふれかえっています。13日~15日に開催されていた情報セキュリティEXPOでも、改めてかなりの量に驚かされました。確かに、どのシステムも一見凄そうです。何かが防げそうです。ただし、い...続きを見る

Breadcrumb NavXT というプラグインを使うことにしました。使い方は、WPカスタマイズ備忘録さまの記事をご覧ください。 さて、私が利用していて気になったのは、月表示が二桁にならない、「年」と「日」いう文字が表示されないという点です。たとえば、2009年3月3日の記事の場合、 トップ > 2009 > 3 月 > 03 となります。 よって、下記の通り修正を加えて、OKになりました。赤字...続きを見る

 WordPressを使用していて、恥ずかしながら最近気づいたのですが、フィードの時刻がどうやら、標準時(日本時刻から見ると9時間前)が表示されていたようです。  検索してみると当然修正すべき点と云わんばかりにたくさん出て参りました。しかし、よくみるといくつか間違いを記載しているブログもありましたが、Taste of Windさまに書かれているものが自分でも試してみて正解のようです。  以下、修正...続きを見る

 昨日、某大手日系メーカーの営業の方が弊社にお見えになりました。前職時代からの付き合いで、いろいろと勉強させていただいています。久しぶりにお会いしたので、近況を伺ってみたら、 「お客さまのところに足を運んでも、IT投資という雰囲気が伝わってしまうと、聞いてもいただけない場合が多いのです。このまま不況が続くと、いくら大手でも倒産するのでないかと不安になるくらいです。」 とおっしゃっていました。  彼...続きを見る

アシュリー・ヘギさんという方をご存じでしょうか?プロジェリアという難病を抱えた方で、日本ではかなり有名な方ですよね。残念なことに4月21日にお亡くなりになったそうです。 私は、5月2日のフジテレビのサイエンスミステリーという番組内で知ったのですが、もちろん彼女の生き方、考え方にも感銘を受けましたが、それ以上に感銘を受けたものがあります。彼女とともに難病を抱えながら前向きに生きていたジョン・タケット...続きを見る

 普段から本をよく読む人も読まない人もこんな体験はありませんか? 途中まで読んだら、昨日と繰り返し同じ場所を読んでいた 読み切った満足感は残ったが、そういえばどういう内容だったかよく覚えていない(特に第1章や第2章) 気づくと、本を読んだ内容を正確に説明できるようになるために、読んでいる 本を読むことが目的であったり、引用して編集することが目的であればよいのかもしれないが、たいていの人は、そこ...続きを見る