冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

雑記

 今回のハリルホジッチさんの解任理由は、「契約」という観点から個人的に大変興味深く、AbemaTVでリアルタイムで見たほどでした。私が記者にしてほしかった質問が一つあります。 「ハリルホジッチさんに委託したミッションは複数あったと思いますが、その中の中軸に据えたミッションは何だったんでしょうか?」 というものです。ほとんどの質問が解任理由や決断時期であって、おそらく、その質問はなかったと思います。...続きを見る

 今月1日に、渋谷区が主催する「おもてなし講座(車いす編)」に息子と参加しました。そのときに息子が、「街中で話しかけられたときにどうするかっていう講座もあったらいいのになぁ」と言っていて、たしかにそうだよなと思いました。いまはだいぶ減りましたが、昔は、外国人と思しき人に話しかけられると「笑顔で頭を下げながら逃げていく」方が多いというのは、日本の一つの特徴としてとらえている観光客も多いと聞いたことが...続きを見る

 私の友人に、親から経営を継いだ人が何人かおります。かくいう私も、いわゆる事業承継とは違いますが、父が創業した会社(宅配弁当店)の代表者も兼ねています。その人たちとの会話で、だいたい出てくるのは、「老いては子に従え」という言葉。親族経営をしている会社ではよく聞くワードです。  親子で経営していると、様々な背景の違いやプライドの問題で、もめ事は結構おきるようです(あまり表面には出てきませんが、うまく...続きを見る

 私は、あまりホテルでは寝られないので、できる限り出張は日帰りにします。とはいえ、泊まらないといけないこともあり、そんなときは、できるだけゆっくり休めるホテルを選んでいます。創業以来、大阪での仕事は途絶えたことがなく、色々なところに泊まりましたが、特にお勧めできるホテルは以下の3つです。 【シティプラザ大阪 】特徴:温泉あり、部屋が広い、朝食がおいしい  5年くらい前に初めて泊まって以来、一番利用...続きを見る

 気づいたら1年。だいぶ長いことブログを書いていませんでした。先週食事をしたお客さんに、「いい加減なんか書かないと、会社潰れたんじゃないか?と思われるよ。」とご指摘をいただき、書くきっかけをいただきました。  さて、本題。私はいわゆるデザインセンスがなく、提案書や報告書を作るたびに「本当にこれでいいのかなぁ。。。」と思いがちです。実際、どうやったらわかりやすくなるんだろう?と思いつつ、資料を作るこ...続きを見る

 私のような小規模企業の経営者は、雇用保険に入れません。その代わりに、きちんとした資金確保、すなわち、積立をしておく必要があります。積立というと銀行でおこなうものが一般的ですが、中小企業基盤整備機構が設定している共済があります。経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済:以下、倒産防止共済)と小規模企業共済(以下、小規模共済)です。  倒産防止共済は、法人で加入する共済です。取引先が倒産したときに借...続きを見る

 当社は5月が決算ですが、おかげさまで2009年2月の設立以来、昨期は過去最高の売上となりました。この場を借りて御礼申し上げます。新規のお客さまが増えたのはもちろんですが、長くご契約くださっているお客さまが安定的に弊社にご依頼くださっているのも本当に嬉しい限りです。  そんな私と妻の二人でやっている当社ですが、お客さまから次のような質問いただくことがあります。 「冨山さん、社員を雇って会社を大きく...続きを見る

 去年は、おととし以上に国内のいろいろな地域に仕事で行かせてもらいましたが、地域の元気の差というのをつぶさに感じます。結構直感的なものではありますが、私自身が元気な地域だなと感じるのは、次の3つの条件を満たしているところです。 主要駅から少し離れたところでも活気がある 全般的に子供が多い 人間がギスギスしていない まぁ、当たり前と言えば、当たり前かもしれませんが、自分の直感を整理してみると、こ...続きを見る

 今年は、経団連加盟企業を中心に、8月1日から採用プロセスを進める形になっているようです。字面通り厳格に守っている企業もあれば、リクルーターやインターンなどで事前に事実上の選考を始めている企業もあるようです。妻がこちら方面の専門なので、よく話は聞くのですが、自分が修士の2年のときにこの状況だったら大変だったろうなぁと感じています。  振り返ってみると、自分が大学4年と修士の2年だったとき、8月はと...続きを見る

 たまには趣味の話題を。私の一番の趣味は競馬です。掛け金はせいぜい重賞レースに1000円程度で、ギャンブルとしての興味というより、競技としての興味です。きっかけは小学校6年のときにたまたまテレビでみたオグリキャップ。そのときすでにアイドルのような人気の馬だったので、競馬を見ない小学生でも知っていたのですが、10月の天皇賞・秋というレースで初めてテレビでみたとき、ボロ負けしたのです。「たいしたことな...続きを見る