冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

組織(風土)変革

 当社が意識調査をさせていただいている会社さんは、ストレスチェックと意識調査を別々に実施しています。どう使い分けているかというと。。。   ストレスチェック 意識調査 目的 法律に基づいて、労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)を実施する。その結果、ストレスの程度が高いと認められ、社員本人が希望する場合の面接指導の実施等をすること。 会社全体・各職場の特性や課...続きを見る

 風土改革の仕事の中で、ファシリテーションは切っても切れないものではありますが、私はできるだけ早く自走することを意識しています。ですので、ある程度のタイミングになったら、「そろそろ私が会議に参加しなくても十分に良い議論ができているのではないでしょうか?」とお話しすることがあります。  そのとき、ある会社で、「冨山さんに入っていただかないとまったく違う場になっていますよ。なんというか、加わっていただ...続きを見る

 様々な会社に伺っていると、会社内でのお互いの呼び方も様々なことに気づきます。大きく分けると、以下の4パターンです。 ルールとして「名前+役職または役職」で呼ぶことが決められている会社 慣習として「名前+役職」で呼ぶことになっている会社 慣習として「名前+さん」で呼ぶことになっている会社 ルールとして「名前+さん」で呼ぶことが決められている会社 1と2の会社は、雰囲気が硬めの会社が多く、3の会...続きを見る

 悪い噂をする背景  「君の異動する職場はさ、すぐに怒鳴る人が多いらしいよ。。。」 「今度の新入社員、〇〇大学出身らしい。あそこの出身者は、前に△△っていたけど、あいつ使えなかったからなぁ。」 「〇〇部の△△さん、今度退職するんだって。俺の同期の□□が△△の上司なんだけど、あいつの性格をかんがえると、だいたい想像つくけどね。」  こんなうわさ話、聞いたことありますか?確たる証拠もないのに、人や職場...続きを見る

 私が久留真家(くるまや)という、父が創業した宅配弁当店の経営にかかわるようになって8年になります。関わり始めたころは、まだまだレストランの料理を宅配するサービスは多くなく、ライドオンエクスプレスさんの「ファインダイン」やスターフェスティバルさんなどいくつかの会社さんが事業を拡大しようとしているところだったように認識しています。最近は、Uber Eatsのようなサービスも始まり、レストランの料理を...続きを見る

 上司に「社員の意識調査」をするように!と言われて、さて困った。。。となって、依頼が来る。というのが、当社に一番多いパターンです。一般論ですが、意識調査をおこなうときには、なにか問題が発生した背景があって、その問題解決を考慮した意識調査となることが多いです。  ただ、会社さんによると、予算の関係もあって、まずは自社内で対応するようにという指示が出るようです。実際、「委託はできないのですが、簡単な相...続きを見る

 私がJR東日本に入社したとき、とある先輩に、「仕事は楽しいものじゃない。やるべきものだ。」と言われたことは、いまでも記憶に残っています。これに対して、私はとくに反応しませんでしたが、その先輩は、仕事は楽しいもののはずがないと思っていて、仕事を楽しくすると思うこと自体が頭の中にないようでした。私自身は、大学院時代から様々な方に触れる中で、仕事を本当に楽しくやっている人もいて、仕事を楽しもうとするこ...続きを見る

 私が企業の組織風土改革を進めていくにあたって、かなりの確率で話題に上がるのが以下の3つです(実際に実施するかどうかでは、企業によりますが)。 社内イベントを増やそう(飲み会・社員旅行・社内イベント) 職場のレイアウトを変えよう お互いをほめる、たたえるキャンペーンを張ろう(ありがとう運動やほめる運動)  今回は3つ目のありがとう運動やほめる運動(以下、賞賛活動とします)について書きたいと思い...続きを見る

 「社員の意識調査をしたいので、話を聞かせてほしい」という問い合わせを当社はよくいただきますが、導入したい背景は以下の通り、色々とあります。 社員の意見を聞きたい。 問題が顕在化しているが、背景がよくわからないので、調査で明らかにしたい。 社員が業務に集中できていると感じない。理由が人間関係なのかもしれないが、背景を探りたい。 大きな問題になる前に、小さな問題のうちに芽を摘みたいので、そのための...続きを見る

 すこし抽象的な話ですが、組織を変革する上で重要なことは、その組織の本質的な価値観は変えないことだと考えています。変革と言っているのに、変えないというのも変な話ですが、変えてはいけないものというのが、組織にはあるように思います。いくつか例をあげます。  いままで社員同士の互助を重視していた組織(多くの社員が良し悪しは別にして、その風土を認識している)が、突然に個人の成果を重視した組織に変わろうとす...続きを見る