冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用,クラウド/XaaS,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

Xmarksを利用したブックマーク同期に失敗する理由

2011/04/23 (土)

 Xmarks、ご存知でしょうか?これは、複数のPCの複数のブラウザ(IE, Firefox, Safari, Chrome, Rockmelt など)にあるブックマークを同じにしたい、つまり同期させたいときに利用するネットサービスです。最近は、EvernoteやInstapaperなどの「あとで読む」系のサービスがあるので、ブックマーク機能の存在感はだいぶ下がってきていますが、日常的に利用するサイトを登録する先として必要な機能です。そんなブックマークを複数のPC、複数のブラウザで同じにしてしまおうというのがXmarksというサービス(無料・有料あり)です。

 さて、このXmarksで、ある条件のもと、同期に失敗することがあります。ネットに繋がっていなかった!というようなイージーミスではなく、結構見落としがちな部分です。

Google Chrome の Chrome Sync または Firefox の Firefox Sync が有効になっているとき、同期に失敗する

これらのいずれかが有効になっていると、どんどんブックマークが多重化してしまい、雪だるま式にサーバ上のブックマークが同じものであふれていきます。すると、同期の際にエラーがでる、または処理が追いつかなくなりフリーズするという現象がでるようです。

【Chrome Sync の設定方法】

 Chromeの設定ボタン→オプション→個人設定 と進むと、「同期」という項目があります。同期自体はONで問題ないのですが、ブックマークの同期のチェックだけ外してください。

【Firefox Sync の設定方法】

 私は利用していないので、フローは掲載できませんが、上記と同様にブックマークの同期のチェックだけ外してください。

カテゴリー: ITの適正活用

キーワード:

コメントとトラックバック: なし

トラックバック先:

コメントを残す