冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用,android/iOS/windows,モバイルワーク,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく
  • 16
    Dec
    2010
    2010/12/16 (木)
  • ブロガーイベントで003SHを長時間触った感想

 12月15日にアジャイルメディア・ネットワークさん主催の003SH体験イベントがありました。私もこの端末には強い関心をもっていますので、参加させていただき、長い時間触れることができましたので、そのレポートを致します。こういうレポートは画像をふんだんに使うのが一般的なのかもしれませんが、一切使わないでいきます(←ただの天邪鬼)。

 なお、このレポートをしている私は、iPadユーザであり、Android端末は保有していないということを前提で読んでください。

【使用した端末】

  • これが、残念でした。製品版ではなく、製品候補版(RC062)でした。ちなみに、電話帳も途中でバグってしまい、やや不安を覚えましたが…(^^;
  • おそらく、あのブロガーイベントで購入の是非を考えた方もおられ、また、影響力のある方もいると思うので、こういうところで手抜き感を感じる(単に間に合わないだけなのかもしれませんが)と残念に思います。
  • 赤白黒すべてありました。それを知らずに、着席したのは購入予定のミラノレッド。どうせなら他の色を使いたかったと思ったときはときすでに遅し。

【良いと感じた点】

  • 製品候補版でしたが、動きはサクサクとしていましたし、違和感は覚えませんでした。国産アンドロイドの中ではダントツだと思いますし、GalaxySよりも動きはよいのではないでしょうか?と個人的には感じます。ただ、スペックも他の国産アンドロイドよりよいということは、理解しておくべきです。
  • やはり、日本語変換はiOSとは比べ物になりません。
  • 液晶は非常に見やすいです。2D状態であれば、長い間見続けてもあまり疲れません。
  • モバイルネットワーク(3G)のみを切れること。回線費用の面はさておき、iPadでも3GまたはWiFiが不安定なところで3GとWiFiが入れ替わり立ち代わりになるときがマレにあります。WiFiが切れるという機能は当然どの端末にもありますが、3Gのモバイル通信部分(通話を除く)だけを切れるかどうかというのは端末によるようです(詳しくは知りません)。そういう意味では、バッテリの持ちを良くするという意味でも柔軟に切断できるのは大変有難いことです。
  • 話を聞いている限りは、Android2.2の標準機能を十分に活かしているふうに感じました。そういう意味では、Android2.3へのアップデート(もちろん名言はされていませんが)は、期待してもいいのではないかと感じました。

【悪いと感じた点】

  • コピーペースト機能がAndroid2.2標準のままであること。やはりiOSのコピーペースト機能に慣れてしまうと、Andoroid2.2のコピペ機能は悲劇的としかいいようがありません。ここにかなりイラつきました。慣れといえばそれまでかもしれませんが、果たしてなれるのか不安です。iOSユーザに取っては本当に使いにくい。ただ同じAndroid2.2搭載でも、HTCやSamsungは独自のUIでコピペ機能を強化しているので、使いやすくなっています。コピペは非常に重要な機能なので、独自に拡張して欲しかったところです。一方、Android2.3ではコピペ機能が強化されていることも忘れてはいけません。
  • 3Dは…なんのためにあるんだろう?と個人的には思ってしまいました。ビジネスマンという立場で参加しているので、「遊びの機能」と感じたということです。この機能が、003SHの本質的な機能にはなんら影響をもたらしていないと思います。ビジネス上は、なくても困らない。
  • 取扱説明書を用意しておいて欲しかった。

【揺らいでいる点】

  • まぁ、いろいろと思うところはありました。003SHは非常に魅力的な端末ではありますが、ビジネスに十分に活用するという視点にたつと、その視点で開発をしているAndoroid端末搭載メーカーはまだ日本にはないのではないかと感じました。003SHをつかったからこそ魅力的に感じたHTC Sense、Samsung独自UIのすばらしさ、もちろんiOSの完成度のすばらしさがあります。あくまで自分の仕事の効率があがるという前提で端末を選ぶ必要があるので、そうすると果たして当てはまるのかなと感じています。もちろん、プライベートの端末としては非常に魅力的なものだと思いますが。

【番外編】

  • 開発の過程の話をいろいろ伺うこともできました。オフレコなのでここにはかけませんが、非常に色々考えてこられたのだなというところは感じています。
  • 改めて、iPadの大きさにほっとしました。
  • 2010/12/16 (木)

コメントを残す