冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用,モバイルワーク,起業,金銭的コスト,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

少人数起業・運営のための低コスト・高安全・高信頼性のIT導入

2010/11/29 (月)

 少人数で運営している企業(法人+個人事業主)は非常に多く、2006年時点では、中小企業比率が99.7%、そのうち小規模企業は、87%を占めます(参照:企業規模の定義)。つまり、87%弱の企業は、5人以下のサービス業か20人以下の製造業なわけです。このような規模の企業にとってIT活用と言っても、高額な費用をかけることはできません。今回の記事では、最大限にコストを抑えた上で、最低限の安全性と最低限の信頼性をキープできるシステム構築の例を書きたいと思います。なお、この記事でご紹介するのは、個別具体的な業種に特化したものではありません。どの業種であれ必要であろうというものに絞っています。

 まず、必要なIT資源を列挙してみます。ノートパソコン・ストレージ(電子データ保管庫)・バックアップシステム・インターネット回線・無線LAN・スケジュール管理・メール・ホームページ

【ノートパソコン】

  1. 用途がワード、エクセル、パワーポイントなどの編集がメインであれば、最新のPCを購入する必要はないでしょう。CPUがCore2Duo、メモリが2GB程度でも十分です。
  2. 最近は3年保証に延長する制度を多くのメーカや家電量販店は取り入れていますので、それは活用するほうがよいでしょう。
  3. パスコンを利用する際には、BIOSロック(電源をいれたときに聞かれるパスワード、Windowsのみ)とログインパスワード(WindowsやMacOSにログインするときに)を設定しましょう。
  4. どのメーカのパソコンがよいかは一概にはいえませんが、いまさら聞けないパソコンの選び方を参考にしてみてください。
  5. 購入に際しては、家電量販店でショッピングクレジットの際の手数料を無料にするキャンペーンがおこなわれることもあります。そちらを利用すると初期投資コストをおさえることができるでしょう。

【ストレージ・バックアップシステム】

  1. SugarSyncというツールをおすすめしています。これは、共有のフォルダを作成して、保管庫をつくるだけでなく、各PC内の指定したフォルダ内のデータが更新されると自動的にバックアップをとってくれるしくみもであります。
  2. データの通信路が暗号化されているのはいうまでもなく、データ保管時もデータ自体が暗号化されているので安心できます。
  3. 利用料は、ビジネスプラン100GBかつ3人までで月額$29.99。ひとり増えるごとに$9.99、100GB増えるごとに$29.99が追加されます。

【インターネット回線】

  1. 固定回線を敷くか敷かないかという話題は、モバイルデータ通信環境が整ってきた今、いろいろなところでなされていますが、室内だと安定しないのも事実。私は、固定回線を敷くべきだと考えています。
  2. フレッツ光をしくと、電話もひかり電話にすることができ、電話まで含めてコストを削減することができます。また、FAXの代行受信も月額100円でおこなってくれたりと付加的なサービスも多く魅力的です。
  3. プロバイダには、BIGLOBEをおすすめしています。安いプロバイダは他にいくらでもありますが、品質・サポートの両面からも魅力的です。他にもニフティもおすすめです。
  4. 料金は、だいたい月額6000円~7000円くらいです。

【無線LAN】

  1. 無線LANは危険だから導入しないという企業はいまだに結構あるようです。ただ、利便性は誰もが認めるところで、きちんとセキュリティを意識すれば、非常に便利なツールです。
  2. セキュリティの設定は、安全に使うためのチェックポイント(電子情報技術産業協会)を参照ください。大企業では、これの一段上の対策をしています(各パソコンに固有の証明書を入れ、その証明書がないと通信できないうえ、その証明書入りのPCが盗まれた場合はその証明書を受け入れないという設定ができるものなど)。私も実際にしたことはありますが、一般的には、そこまでは必要ありません。
  3. 11nという規格に対応した無線LANルータを購入することをおすすめします。
  4. 無線LANルータは、インターネット回線を新規に敷く場合は、無料でいただける場合もあります。購入の場合でも5000円あれば十分に質のよいものが買えます。

【独自ドメイン】

  1. 企業であるからには、独自のドメイン(xxx.jpなど)がほしいもの。また、あるとメールアドレスも固有のものが作れますから便利です。まず、独自ドメインを取得しましょう。
  2. ドメインの取得は様々な企業を介しておこなうことができますが、お名前.comが安定して安価で、管理もしやすいと考えています。

【メール・スケジュール管理】

  1. メールとスケジュール管理は google apps standardediton であれば無料(2013/1/5追記:無料版はなくなりました)で行うことができます。Gmailとgoogleカレンダーが利用できるので、非常に魅力的です。
  2. お名前.comで取得した独自ドメインとgoogle apps の結びつけは、マスターアップスさんの手順例が参考になります。

【ホームページ】

  1. 当社でもWordpressというブログ管理システムをベースにしたホームページ制作をおこなっていますが、制作費用がかかるのは確かです。そこで、製作コストをできるだけ抑え、管理もしやすいホームページをご紹介します。Jimdo(ジンドゥー)です。
  2. Jimdoは、無料の場合、広告がついてしまいます。広告を避けたい上に、独自ドメインで運用したい場合は945円/月のお支払が必要です。なお、メールの運用もできるとなっていますが、あまり現実的なものではないので、あくまでホームページの運営と割り切るのが最善と考えています。
  3. 独自ドメインを利用する場合の設定は、Jimdoヘルプにあるように、お名前.com側でDNSにCNAMEという項目を増やす作業が必要です。

少々長くなりましたが、いくつか格安だけれども安全信頼性を保てる環境を構築する組み合わせをご紹介いたしました。これらのことを勉強してご自身だけで進めるのはたしかに労力はかかりますが、そのぶんかなり安くなります。ひとつのご参考にしていただければと思います。なお、当社でもこのような環境づくりのご相談をお受けしていますので、必要があれば遠慮なくご相談ください。

カテゴリー: ITの適正活用

キーワード: , ,

コメントとトラックバック: なし

トラックバック先:

コメントを残す