冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用,android/iOS/windows,モバイルワーク,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

iPadを6ヶ月使って感じること

2010/11/16 (火)

 6ヶ月使っても変わらないのは、時代を変えた端末だという評価です。これは2ヶ月目のレビューのときにも書きましたが、それくらい圧倒的な違いを感じています。実は私の周囲にはあまりiPadをもっている人がいないのですが、興味をもっている人はたくさんいます。ここまで来ると次のiPadを待つという人も多いように感じますが、いまのiPadを使っていてどういうふうに使っていて、何を素晴らしいと感じ、改善してほしいと感じているかを今の感覚で書き、最後にノートPC、スマートフォンとの関係を書きたいと思います。

【主にどういう風に使っているか?】

  • ネット閲覧
  • 雑誌、書籍購読
  • Twitter
  • RSS購読
  • 思いつきメモ
  • ミーティング議事録(スタイラスはどれも使いものにならないと個人的には感じているので、手書きです)
  • ナビゲーター(方向音痴なので)

【素晴らしいところ】

  • タッチパネルの感度(アップルの技術力には感服しますし、孫正義氏がいうように、ハードソフト一体で開発している強みでもあるでしょう)
  • バッテリーの持ち(丸一日は楽にもちます)
  • スタンバイ状態からの復帰が早い
  • 大きさが絶妙
  • 画面がきれいな割に目が疲れない

【改善してほしいところ】

  • 日本語入力の精度の低さがせっかくのスムーズさを妨げている(標準IMEをATOKにしてほしい)
  • マルチタスクにしてほしい(といっても、まもなくですが)
  • JavaScriptの動作に制限があるような気がしてならない。(たぶんあるのだろうが、私の知識不足と思われる)

【ノートPC・スマートフォンとどう使い分けるか?】

  • iPadで文書などの編集は厳しいので、こういうときはノートPCを使う
  • (いまは)マルチタスクで仕事がしたいときは、ノートPCを使わざるを得ない
  • いまは、スマートフォンをもっていないが、思いつきメモ・写真撮影・動画撮影・手間のかからない名刺のデータ化などにはスマートフォンが必要だと感じる。電子マネーが付いている003SHに期待。

カテゴリー: ITの適正活用

キーワード: ,

コメントとトラックバック: なし

トラックバック先:

コメントを残す