冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

子育て,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

赤ちゃんから学ぶ、仕事に活きること

2010/11/13 (土)

 私自身、中小企業におけるIT活用のコンサルタントをしておりますが、息子と接していると考えさせられることがたくさんあります。そのなかでも常に考えさせられるのが、

「固定観念をもたずに考える」

ということです。

 この前、プラレールの車両(私がJRを退職するときに退職祝いでもらったE231系<湘南新宿ラインなどで使われています>の編成)で息子と遊ぶときに、

「こうやって遊ぶんだよ~、ガタンゴトンガタンゴトン」

ってやっていたら、それを息子はすごい笑顔でみていました。で、ほしがったので、「どうぞ~」と渡したら、むんずと捕まえて叩きつけるわけです。手から離れて、そのあと、ハイハイで取りに行こうとしていたので、

「違うよ、こうだよ。」

といいながら、私が床に置いて走らせたら、息子はしらけどりが飛んでいる顔をしていました。

 このときに、ハッとしたのですが、私にとってはプラレールの車両は、床において、動かして遊ぶものであっても、本人にとっては、振り回して楽しいものだったのかもしれません。自分の固定観念で接してしまったことを私なりに非常に反省したわけですが、子供は本当の意味でゼロから考えるので、いろいろな豊かな発想を持っています。大人は、発想する前に固定観念を無意識にあてはめてしまう。そこに改めて気付かされた瞬間でした。

 最近息子と接していると、いろいろな行動において本当に柔軟な発想をもってると感じます。実体験をしながら脳が柔らかくなっていく実感があります。パソコンに向かって仕事をしたり、本を読んだりするよりも、子供の行動をつぶさに観察している方が、よほど役に立つ気がしてなりません。

カテゴリー: 子育て

コメントとトラックバック: 1件あり

トラックバック先:

コメント(1件あります)

  1. パパママブログ更新: 赤ちゃんから学ぶ、仕事に活きること –  私自身、中小企業におけるIT活用のコンサルタントをしておりますが、息子と接していると考えさせられることがたくさんあります。そのなかでも常に考えさせられるのが、「固定観念… http://bit.ly/9RieiO

コメントを残す