冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用,中小企業,金銭的コスト,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

IT化しなくても業績の良い企業はある

2010/10/27 (水)

 自分の仕事を真っ向から否定するようなタイトルですが(笑)株式会社ファイブフォックスというアパレルメーカーをご存知でしょうか?アパレル業界でいうと、ワールド、オンワード樫山の二大巨頭の次くらいに位置している会社です。ファイブフォックスでわからなくても、コムサ・デ・モードといえばおわかりいただけると思います。

 実はコムサブランドは、オンラインショップでの販売もありませんし、そもそも採用目的を除きウェブサイトがありません。これは販売に関わるシステムだけでなく、社内システムも最小限のようです。ここから先は推測に過ぎませんが、おそらくIT化の必要性を感じていないのでしょう。または、経営陣が極度なIT嫌いか、嫌な経験をしたことがあるか、そんなところではないでしょうか?いずれにしても、IT化をしないでも、ビジネスはまわっているわけです。まわっているどころか好業績です。

 これもある意味、れっきとした差別化です。ブランドがあるにもかかわらず、更新されていない中途半端なウェブサイトをつくるくらいなら、いっそないほうが管理コストやリスクを削減できます。なんでもかんでもIT化がよいというわけではありません。IT化も経営戦略の一つに過ぎませんから、IT化自体は慎重に行うべきです。盲目的にIT化を進めることはおすすめ致しません。

カテゴリー: ITの適正活用

キーワード: ,

コメントとトラックバック: なし

トラックバック先:

コメントを残す