冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用,クラウド/XaaS,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

google apps を止める理由

2010/10/07 (木)

 google apps には、Standard Edition(無料)とPremium Edition(月額500円/1ユーザ)があり、GMailやGoogleカレンダーなどを中心としたアプリケーション群を独自ドメインをつかった環境で利用できるサービスです。Premium Editionでは、google apps用に様々なベンダーから提供された顧客管理などのアプリケーションを利用することができます。価格の手頃さからも非常に好評なようです。ただ、当然万人が満足しているわけではなく、なにかに不満を感じて止めていく方も多いようです。この記事では、なぜ止めることになってしまうのかをまとめようと思います。なにか定量的なデータに基づいたものというより、日常的に付き合いのあるSaaS型サービスを提供している方々がおっしゃる「google apps から乗り換えてくるお客さまの理由」をまとめたものです。

 まず、当サービスを利用する方はgoogle apps の何に期待して導入しているか、です。

  • 価格の手頃さ
  • GMailの使い勝手
  • グループウェアとして

このようなところが多いようです。では、なぜやめてしまうのか?です。

  • サポートの対応品質は、決して高いとはいえない
  • 意外とITリテラシーが求められる
  • グループウェア(カレンダー機能)が国産と比べると使いにくい

というものがあるそうです。これは、直接契約したパターンであり、google apps 販売代理店経由になるまた違うようです。いずれにせよ、国産・海外産とわず、類似サービスはたくさんあるので、比較しながら選ぶほうがよいでしょう。決して、誰にでも合う万能ツールではないことは申し上げておきたいと思います。

カテゴリー: ITの適正活用

キーワード:

コメントとトラックバック: なし

トラックバック先:

コメントを残す