冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

雑記,社会,ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

裁判員制度について

2009/05/21 (木)

 もし、指名されたら特にいやがることもなく参加すると思います。一方、制度自体に気になる点もあります。一番気になるのは、最終的には多数決で決めるという点です。人の人生を大きく左右することに対して、多数決という言葉を使うことそれ自体がどうかとは思っています。

 提示されている事実のうち、どれが主観的事実・意見でどれが客観的事実・意見なのかを正確に判断できないと、論説・人心掌握がうまい人間が勝つ戦になりかねません。だれが最後に決めるのか?当然、裁判長ですが、多数決ではなく、周知を集めた上で、裁判長が決めるというのがよりよい姿だと個人的には思います。

裁判員のための記憶と証言の心理

新品価格¥945から
(2010/6/27 12:41時点)

カテゴリー: 雑記

キーワード:

コメントとトラックバック: なし

トラックバック先:

コメントを残す