冨山陽平のブログ “思いきり やりぬく”

ITの適正活用、組織風土改革、従業員満足度調査、これあらた、久留真家、冨山陽平

冨山陽平のブログ 思いきりやりぬく

冨山陽平のブログにようこそ!

いきなり迷惑メールが増えるのはなぜ? 「最近、迷惑メールが増えて困っているんだよね…」このような話は個人・法人問わず、よく雑談で出てきます。では、どうして増えるのでしょう?原因としても主に次の5つが考えられます。 メールアドレスを利用して登録した何らかのサービスにおいて、運営側が何らかの事情で情報漏洩してしまった。 メールアドレスが載ったもの(名刺など)を、受け取った方が漏らしてしま...続きを見る

 私事ですが、3月~5月で利用した現金は、0円!自粛期間だったからというのはもちろんありますが、飲食店のテイクアウトもキャッシュレス対応しているとことが増えていますよね。以前は、ディナーはカードが使えても、ランチやテイクアウトは現金のみというお店は多かったですが、そういうお店もキャッシュレスに切り替わっているように感じます。  私が経営するこれあらたも久留真家もキャッシュレス決済を導入しています。...続きを見る

 私も父の弁当屋、久留真家(くるまや)の経営を見るようになって、早10年。あっという間だったなと思っています。見るようになったのは、これあらたを起業して10ヶ月後。リーマンショック後の影響もあり、売り上げも下がっていましたが、自分でも見事なくらい売上をV字回復以上に回復させたのを覚えています。ただ当時は、経済が低迷ながらも動いており、社会構造の大きな変化は起きていない状況でした。しかしながら、今回...続きを見る

 テレワークが一気に進み、上司としても、会社としても、なかなか社員の動向が把握できなくて困っているという声を耳にします。私のところにも、「どういう風に社員の状況を確認したら良いのだろう?」という相談が何件かありました。  様々な方法はありますが、簡単な意識調査をしてみるのも一つの方法だと思います。社会一般に言われているように、テレワークの環境にはメリットもあればデメリットもありますし、そもそも人に...続きを見る

 渋谷区の公立に通う、うちの小4長男と小1次男ももれなく、対象なわけですが、放課後クラブ(学童)を使うのもちょっとなぁと思っています。本人の感染が怖いというよりも本人がキャリアになることは避けたいと思っています。とはいえ、やむをえないときもあるかもしれないので、緊急時に備えるべく3月利用として登録はしつつも、基本は自宅にいてもらってます。幸か不幸か夫婦ともに、ほとんどのクライアント先でテレビ会議に...続きを見る

 パソコン・タブレット・スマホはどうやって処分すればいいんでしょうか?漏れて困るデータはないけど、漏れたら困るので、やっぱり破壊するしかないんですかね。。。  こんな相談を受けることが多々あります。実際、自分でドリルとかで穴をあけて処分する方とかおられますが(実際に見たこともあります)、安全なものではありませんし、そもそも肝心なところを破壊しているかわかりません。  最近は、マイナンバーなど機密性...続きを見る

 1月31日。毎年、この日になると、小学校6年生の同日を思い出します。あまり緊張はしなかったのですが、なかなか寝付けなかった記憶はありますし、妙に自信があったように記憶しています。まぁ、これが落とし穴で第一志望は落ちたわけですが(笑)それでも私にとっては良い思い出です。しかし、その1年前の5年生の1月31日は、あんまりいい思い出がなくて、あと1年だぞ!!みたいな妙な空気が塾の友達の間でも流れていて...続きを見る

 意識調査をすでにご利用いただいているクライアント先や、これから意識調査をされたい企業様からのご相談に共通する質問のひとつとして、 「意識調査は定量的なもの(5段階で回答するような質問)をなくして、 短文記述(50字程度で記述するようなもの)と 自由記述(長文で書くようなもの)だけではいけないんですかね?」 と聞かれることが多々あります。ご質問される背景は色々ありますが、多くは 定量的な質問は正...続きを見る

 間が空くと投稿をしにくくなり、そして放置して、投稿しにくくなるという悪循環を繰り返している冨山です。少し雑談めいた話を。  実は、3年4か月iPhone7を使っております。幅が70mmを超えるものはどうしても手にしっくりとこず、なかなか機種変更する意欲がわかないまま今に至っています。 しかし、その間無故障だったというわけではなく、去年の6月と今年の11月に圏外が頻発する事象に襲われて、交換して...続きを見る

 意識調査を実施する企業は多々ありますが、分析方法は会社によって異なります。ざっくりというと。。。  パターンA:回答データの平均値をとって、そこから類推して結果を考察する  パターンB:緻密な統計手法を駆使して、できるだけ客観的に考察する と分類できます。パターンAのお客様の声としては、「わかりやすいよね」という一方「平均値出して、類推しただけじゃん」というものがあります。逆に、パターンBの場合...続きを見る